スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高千穂峡 (宮崎県 西臼杵郡)

高千穂峡 (宮崎県 西臼杵郡)
【この近くで格安の宿を探す】 → 宮崎宮崎北部(高千穂・延岡・日向・高鍋)


takachiho7.jpg

阿蘇山の火山活動によって流れた火砕流の一種が固まって出来た景観、高千穂峡。

takachiho9.jpg

両面に切り立った、柱状節理と呼ばれる岩肌がなかなか壮観。
奥に見える滝は「真名井の滝」といって、日本の滝百選の一つとなっています。
ここをボートに乗って見物する事ができます。

普段は30分1500円だそうですが、この日は滝のそばまで行く事ができないようになっていて、20分1000円でした。
残念!
滝をそばで見たかったです…。

川の水がとても綺麗で、魚がたくさん泳いでいるのが見えます。
ボート貸しのところに、魚や鴨にあげられるエサが売っていました。

takachiho8.jpg

ボートを降りてから周りを散策。
離れたところから見る真名井の滝もいいですね。

川の色がとても綺麗なので、岩壁の不思議さと相まってとても素敵です。

【この近くで格安の宿を探す】 → 宮崎宮崎北部(高千穂・延岡・日向・高鍋)

↓併せて訪れたい観光地情報・ご当地グルメの記事はコチラ↓
【宮崎県 西臼杵郡】 神話のエピソードが残る神秘的な場所 天岩戸神社と天安河原
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

龍泉洞 (岩手県 岩泉町)

龍泉洞 (岩手県 岩泉町)
【この近くで格安の宿を探す】 → 岩手宮古・久慈・田野畑・浄土ヶ浜・田老・龍泉洞

ryusendoin.jpg
日本三大鍾乳洞のひとつ、岩手県の龍泉洞。
※残り二つは、高知県の龍河洞、山口県の秋芳洞。
 山口県 秋芳洞の記事はコチラ → 山口県 秋芳洞

遠野を北上して龍泉洞に向かったのですが、道がかなり細い峠道でハラハラしました。
山の中を走っていると、道路からはどうみたって藪にしか見えない所に「駅」の矢印が。
岩泉線というJRの路線が走っているようです。

洞内に入ると、洞窟特有のヒンヤリした空気に包まれます。
入口付近では、大量の水がどうどうと流れていて、覗き込むとその水の透明度の高さに気づきます。
それもそのはず、龍泉洞から湧き出す水は、世界でも有数の透明度を誇っているのです。

ryusendonai.jpg
龍泉洞は、秋芳洞とは違い、空間の広さはあまりなく、高低差の多い鍾乳洞です。
鍾乳石の量はあまり多く無く、目玉となるような大きな鍾乳石もありません。
しかし、この鍾乳洞の一番の魅力となるものがあるからいいんです!

ryusendotiteiko.jpg
それは、美しい地底湖。
公開されている3つの地底湖は、もっとも深いもので水深98メートル。
透明度が高いので、底のほうまでよく見えて、覗き込むとその深さと美しさに魅入ってしまいます。

湖底にはライトが設置してあって、そこから届く光に照られる水の青色が幻想的です。

第3地底湖まで進むと、今度は強烈な上りが。
まるでハシゴのような階段が長く続きます。
これが相当キツイ!
ゼーゼーと息があがります。
帰りの下りも急なので、歩き易い靴がおすすめです。

ryusendokaidan.jpg
疲れて振り返ると、遠くに地底湖が見えます。
かなり縦に長い空間です。
しかし、まだまだ上りは続きます。

登り切った所から見下ろす地底湖は、暗い空間に青く光って洞内に眠る宝石のようでした。
写真に収めようと思ったのですが、余りに遠いので綺麗に写りませんでした。
良いカメラだと違うんでしょうけど…。

階段を登らずに引き返す事もできるので、足や体力に自身の無いお年寄りの方などは引き返した方が無難でしょう。
引き返しても公開されている3つの地底湖はしっかり見れますよ。

ryusendotiteiko3.jpg
画像は一番深い第3地底湖。
深さによって水の色がさまざまで、本当に綺麗です。
こうやって見ると、まるで宇宙の星雲にも似ていますね。


龍泉洞(公式HP)

観覧料
大人    1000円
小・中学生 500円
龍泉洞と龍泉新洞科学館に入る事ができます。

【この近くで格安の宿を探す】 → 岩手宮古・久慈・田野畑・浄土ヶ浜・田老・龍泉洞

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

東尋坊 (福井県 坂井市)

東尋坊 (福井県 坂井市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 福井あわら・三国・永平寺

toujinbo2.jpg
その昔、悪い事ばかりした東尋坊という名の僧侶を、この崖から突き落としたと言う逸話から、その名がついた東尋坊。

海から縦にニョキニョキと生えるように立つ入り組んだ崖に、打ち寄せる波が荒々しい名勝です。

toujinbo1.jpg
この日は風が強く、波も高い日だったので、砕け散る白波の音も雄々しく、結構離れていても風に乗った水しぶきが飛んできていました。
普段は崖の下から遊覧船が出ていて、海上から東尋坊の不思議な造形を眺める事ができるのですが、この日は遊覧船もお休み。
遊覧船は、大池と呼ばれる切り立った崖の間の入江から発着しているのですが、この日は大池も砕ける波で真っ白でした。

toujinbo3.jpg
画像中の真っ白い部分が大池。
左上に見えているのが雄島です。
※雄島は周囲2km程の島で、橋を渡って歩いて行く事ができます。
 島の中には神社や灯台があり、遊歩道もあるので、のんびり散策できますよ。

最近はあまり聞きませんが、東尋坊は自殺の名所としても有名ですね。
荒々しくて高い崖から海を覗いていると、さすがに怖いです。
しかし、私が子どもの頃は、この崖から飛び込みをしている名物おじさんがいて、実際飛び込んでいるのも見たことがあります。
意外にもひょいっと何でもなさそうに飛び込んでいるので、あれ?案外安全なの?と思ってしまいますが、あれは地形をよく知っているから出来る技でしょう。
名物おじさんのいない今となっては、「こんなとこ絶対飛び込めるはずがないよ!」としか思えませんが。


駐車場から東尋坊までは、お土産屋や食事処が並び、日本海の海の幸を食べる事もできるので、ここへ行く時はちょっとお腹に余裕があった方がいいかもしれません。
生うにやイカ焼き等など、店先で売っていていい匂いがしますよ。

三国観光協会 東尋坊(公式HP)
東尋坊観光遊覧船(公式HP)※冬季以外運行

【この近くで格安の宿を探す】 → 福井あわら・三国・永平寺

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

«前ページ  | ホーム |  次ページ»

格安の宿web

テーマ別に宿を検索

旅行お役立ちサイト

地方・県別 記事一覧

カテゴリー

最新UP記事をチェック



MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372



【バッグインバッグ】アップルグリーン ちょっとした外出や旅行、毎日カバンを変える方に便利!



日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。