スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラバー園 (長崎県 長崎市)

グラバー園 (長崎県 長崎市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 長崎長崎市内

長崎の定番観光スポット、グラバー園。

スコットランドから渡来したトーマス・グラバーが住んだ旧グラバー邸の他、貿易商達の邸宅や、長崎に残っていた歴史的建造物を集めた公園です。

傾斜地にあるグラバー園ですが、園内には動く歩道もあり、入園後それに乗って一番上まで移動して、あとは降りながら見て周るので楽ちんです。

mitsubishidai2.jpg
一番の高台にある旧三菱第2ドックハウス。
2階のテラスが優雅です。

dai2nagame.jpg
ここからの眺めがとても良かったです。
青い海と連なる町並み、三菱重工の造船所と大きな船。
貿易港らしいその眺めに、たくさんの人たちがシャッターを切っていました。

oruto.jpg
旧オルト住宅ではこの日、結婚式が行われたようで、ポーチには赤い絨毯が敷かれ、フラワーシャワーの花弁が散らばり、華麗な洋館の雰囲気をより一層高めていました。

gurabatei0.jpg
アーチ状の石柱が素敵な旧グラバー邸。

gurabatei1.jpg
海側に面した部屋は、どの部屋も大きな窓がテラスに繋がり、風通しが良さそうです。

gurabatei2.jpg
水色と白に塗られた西洋らしい可愛らしさに、日本の瓦がマッチしています。


kirinraberu.jpg
旧グラバー邸の中には、キリンビールのラベルにある麒麟の絵のモデルといわれる狛犬もありました。
普通の狛犬よりも、かなりエキゾチックな見た目です。

gurabasunroom.jpg
少しうら寂れたサンルーム。

この時代の洋風建築が大好きなので、写真を撮りまくりました。
グラバー園いいですね!
神戸居留地の異人館は、いちいち入館料がかかりましたが、ここは600円で一気にたくさん!
愛知の明治村も良いですが、やっぱり実際にその洋館が建った場所で見て感じることは重要です!

uokatei.jpg
扉の向こうに広がる海と町。

dai2naka1.jpg
窓の下に置かれた操舵輪。

gurababed.jpg
やわらかな光が差し込む寝室。

gurabaousetu.jpg
窓辺のソファーでくつろぎたい。

やっぱりこういう洋館建築はどこを見ても絵になる!


グラバー園では、レトロ衣装を身に纏って記念撮影や園内散策もできます。
しかもこれが安い!500円!(30分・写真は各自で)
衣装貸し出しがある他の観光地よりも、借りて着ている人が多く見られました。
やや安っぽい生地と作りの物もありましたが、衣装を着て散策するのは楽しそうですよ。

*おまけ
chirinchirinice.jpg
グラバー園に続く坂の下、移動式の小さな屋台でおばちゃんが販売していたアイス。
チリンチリンと鐘を鳴らしながら売り歩いたという事から「チリンチリンアイス」と呼ばれている、長崎の名物アイスです。

ひとつ100円は安い!
頼むとヘラで上手にお花の形にしてくれます。
可愛いー。
※どのおばちゃんでも花の形にしてくれる訳では無いようです。
 ここの黄色い屋台のおばちゃんは間違いなく花にしてくれますよ。

乳脂肪分が少なめなサッパリ軽い味で、シャーベットに近いです。
コーンもちょっとふ菓子に近いような味で、懐かしい感じがします。
このサッパリした感じが、小腹にさっと入り易くって、どんな時でも食べられそうで良いです。
見かけたら是非!

グラバー園(公式ウェブサイト)
大人     600円
高校生    300円
小・中学生  180円
年中無休

【この近くで格安の宿を探す】 → 長崎長崎市内

↓併せて訪れたい観光地情報はコチラ↓
【長崎県 長崎市】 日本最古の木造教会 国宝 大浦天主堂
【長崎県 長崎市】 寛永元年(1624)創業の老舗 福砂屋のカステラ
スポンサーサイト

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

大浦天主堂 (長崎県 長崎市)

大浦天主堂 (長崎県 長崎市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 長崎長崎市内

oouratenshu1.jpg
日本最古の現存するキリスト教建築であり、国宝でもある大浦天主堂。

orandasaka.jpg
土産物屋の続く長い坂をどんどん登ってゆきます。

oouratenshu2.jpg
長い坂の奥、さらに階段を登った上に現れる天主堂の佇まいにしばし見惚れます。
正面にある金色の冠を戴く聖母像もまた美しいです。

写真撮影が禁止の教会内には、立派な祭壇があり、美しいステンドグラスから日が差し込んで幻想的です。

oourasotomado2.jpg
外から見たステンドグラス。
細かい模様があしらわれたステンドグラスが並んでいます。

oourasotomado.jpg
比較的小さな窓もちゃんとステンドグラスになっています。

この大浦天主堂で、1865年にキリシタンが発見された事は「信徒発見」と言われ、当時のローマ教皇は「東洋の奇蹟」と感嘆し、キリスト教の歴史の中にも加えられました。
250年以上にも渡る長いキリシタン迫害の歴史の中、隠れキリシタンとしてその信仰を守ってきたキリシタン達。
遠い東洋の果て日本で起こったこの事柄は、西洋のカトリック教会の人達にとって、驚きに満ちたものだったんだろうな、と思います。

(しかしこの2年程後、大きなキリシタン弾圧が行われ、長崎の沢山のキリシタン達が流罪に処されました。関連記事・津和野の町散策はコチラ

大浦天主堂(長崎県観光連盟 ながさき旅ネット内)

【この近くで格安の宿を探す】 → 長崎長崎市内

↓併せて訪れたい観光地情報・ご当地グルメの記事はコチラ↓
【長崎県 長崎市】 居留地時代を今に伝える西洋館たち グラバー園
【長崎県 長崎市】 おばちゃんが屋台で売る、さっぱりアイス チリンチリンアイス
【長崎県 長崎市】 寛永元年(1624)創業の老舗 福砂屋のカステラ

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

旧三笠ホテル (長野県 軽井沢町)

旧三笠ホテル
【この近くで格安の宿を探す】 → 長野県軽井沢・佐久・小諸

mikasa1.jpg
1906年に開業し、明治・大正時代を築いた著名人が多く滞在していたため「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれていた旧三笠ホテル。
今は国の重要文化財に指定されて保護されています。

mikasa2.jpg
濃い茶の板壁と白い窓枠や柱、ところどころ赤い屋根が高原のイメージにぴったりな純西洋風建築です。
白樺の間から望む旧三笠ホテルは雰囲気たっぷりです。

mikasa3.jpg
当時から残る豪奢なシャンデリアが下がるロビー。

mikasa5.jpg
やわらかく日差しが差し込む、映画のセットのような階段。

mikasa7.jpg
軽井沢の静かな木立が眺められ、落ち着いた時間が過ごせそうな客室。

mikasa4.jpg
高い天井の客室の寝室。ベッドはふかふかそう。

mikasa6.jpg
英国タイルを貼った、当時としては最先端の水洗トイレ。
(いやに広々としていて開放的な感じがしました。)

館内のどこを見ても絵になって、カメラの休む暇がありません!
帰ってきて、写真を見ているだけでもその素敵さ加減にぽーっとなります。

こんなホテルに泊まってみたいなぁ。
とてつもなく高そうだけど!


併せて訪れたい場所の記事はコチラ↓↓↓
【関連】群馬県 吾妻郡 草津温泉

【この近くで格安の宿を探す】 → 長野県軽井沢・佐久・小諸

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

«前ページ  | ホーム |  次ページ»

格安の宿web

テーマ別に宿を検索

旅行お役立ちサイト

地方・県別 記事一覧

カテゴリー

最新UP記事をチェック



MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372



【バッグインバッグ】アップルグリーン ちょっとした外出や旅行、毎日カバンを変える方に便利!



日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。