スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊場恐山 (青森県 むつ市)

霊場恐山 (青森県 むつ市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 青森下北半島・むつ市・恐山・薬研


青森と言えば…りんご!恐山!ねぶた祭り!
…あまり青森に詳しくない人のイメージは、多かれ少なかれこんな感じなのでしょうか?
というか、私がそうなのですが…(汗)

そんな訳で、青森に行った時、真っ先に向かったのが「恐山」です!
高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつ、イタコの口寄せで有名ですね。


osorezan1.jpg

本州の北の先っぽ、鉞(マサカリ)の形と言われる下北半島へ。
期待を胸に車を走らせていると、現れた霊場恐山の文字。

osorezan2.jpg

小雨がちらつくどんよりとした天気の中、恐山菩提寺へ。
入口で入山料を払います。

osorezan3.jpg

山門の横に見えるのが本堂、山門の奥には本尊安置地蔵殿があります。
本堂には「イタコ口寄せ」と看板が出ていましたが、やっていない模様。

osorezan4.jpg

山門の先には古い木造の簡素な建物が3軒ほど建っていました。
なにかな?と思って近づくと、これ温泉です。

osorezan5.jpg

これまた木製の引き戸を開けて中へ入ると、木製の脱衣棚があり、仕切りの向こうはもうお風呂です。
凄いレトロ!
誰も入ってないです。
全然知らずに来たので、なんの用意もなく入れなくて残念。
無料で入れるそうです。
さらに宿坊もあるみたいなので、湯治ができるのかな。

湯小屋は、ひゑの湯(神経痛、リウマチ)、古滝の湯(胃腸病)、花染の湯(吹き出物、切傷)、薬師の湯(眼病)の4つがあり、それぞれ(かっこ)内の疾患に効能があるといわれているそうですよ。
ちなみに画像は古滝の湯内部です。

osorezan6.jpg

湯小屋を過ぎ、地蔵殿を参った後は、荒涼とした風景の中に地獄が点在する方へ。

恐山は宇曽利カルデラにあり、あちこちで熱い蒸気や温泉が湧き出しています。
その噴気孔や湧き出した温泉を地獄に見立てて名前をつける、温泉地によくある地獄めぐり的なものがここにもあります。

ところどころに「無限地獄」や「重罪地獄」といった立札が立っています。
しかし、だいたいが小振りなもので、周りの景色と比べて目立った変わりはない感じです。

osorezan8.jpg

恐山はこの下北地方では、死者への供養の場です。
あちこちに石が積んであったり、亡くなった方の名前を彫ったり書いたりした石や小さな石版が置いてあったり、地蔵があったり、卒塔婆があったり、幼くして亡くなった子らを慰める風車があったりします。
人が死んだら魂はここへやってくると伝えられている通り、亡くなった方への追悼の場として、今もしっかり機能している事がひしひし伝わります。

osorezan7.jpg

そしてそんな中を進むと、なんとも素晴らしい景色の場所に出ました。
宇曽利湖です。
この湖は強酸性の為、こんなに広い湖なのに魚類はウグイの1種類のみしか生息していないそうです。

湧き出す温泉成分の為か、エメラルドグリーンに見える美しい静かな湖面、その遠く向こうに並ぶ山並み…。
とても大きな湖なので、その景色は雄大です。

この場所の名前は「極楽浜」。

極楽があるのなら、本当にこんな場所なんじゃないかと思う程の景色でした。
人の営みから遠く離れ、シーンとした中、浜の手前にある希望の鐘と鎮魂の鐘を誰かが鳴らす音が時々響いてくる。
そんな中じっと立ってこの景色を眺めていると、この世とあの世の境界が曖昧になるような、そんな不思議な感覚に襲われました。
「すごいところへ来ちゃったなぁ」と思わず口に出していました。

画像ではとても伝わらない、本当に心に残る景色です。
(特に私の写真がヒドイという事もありますが…。)
岩や石ばかりの荒涼とした場所を歩いて来た後、というのもあるのかも。

宇曽利湖の流出部には橋が架かっているのですが、そこは三途の川、現世と霊界の境界線だと言われているそうです。
三途の川を越えて、地獄を巡り、最後に極楽にたどり着く。
恐山はあの世に近い場所。
是非人の少ない時を狙って行ってみてください。
お風呂の用意も忘れずに!


【この近くで格安の宿を探す】 → 青森下北半島・むつ市・恐山・薬研
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

防府天満宮 (山口県 防府市)

防府天満宮 (山口県 防府市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 山口下関・宇部・防府


菅原道真公をお祀りし、天神さまとして有名な天満宮。
京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮、この二つに大阪の大阪天満宮または山口の防府天満宮を足して、日本三大天神というそうです。

 関連記事 太宰府天満宮の記事はコチラ→ 太宰府天満宮(福岡)

そんな防府天満宮へ行って来ました。

houfu1.jpg

防府の町はわりと平坦ですが、一の鳥居から境内を見ると、こんもりと丘になっている事が分かります。

鳥居の左側にある建物は、防府市まちの駅「うめてらす」です。
こちらでは、防府の観光情報を提供や、特産品やおみやげの販売、食事処などがあり、防府観光のスタート地点に最適。
レンタサイクルもあるので、街を周るときにも便利ですよ。


houfu2.jpg

こちらは二の鳥居。
銅でできています。


houfukomainu.jpg

二の鳥居の前にある狛犬。
この狛犬は、萩の石工の作で「萩狛犬」と呼ばれています。
北野天満宮や太宰府天満宮にも同様な萩狛犬が建立されているそうです。


houfu4.jpg

二の鳥居をくぐり階段を上がると、左右に翼廊のついた鮮やかで美しい楼門が見えてきます。

ちなみに画像中空にある綱は、階段を上がった所の両脇に立っている注連柱に結ばれた注連縄です。
普通の注連縄と違って、蝶々結びのような不思議な形をしていますね。


houfu3.jpg

そしてこちらが本殿。
色彩豊かで華やかな楼門と対照的な、すっきりとした見た目です。


防府市はこの防府天満宮を中心に栄えてきた都市です。

また、戦前の俳人「種田山頭火」の故郷でもあります。
町には山頭火が学校へ通った「山頭火の小径」や、句碑などがあります。

全体的にこじんまりとしているので、ぶらりと観光するのにちょうど良いですよ。


【この近くで格安の宿を探す】 → 山口下関・宇部・防府

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

太宰府天満宮 (福岡県 太宰府市)

太宰府天満宮 (福岡県 太宰府市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 福岡福岡市内(博多・天神)・前原・太宰府


菅原道真をお祀りし、学問の神様として有名な天神さまこと天満宮。
全国に数あるその天満宮の中でも、京都の北野天満宮と並んで、全国の天満宮の総本社と言われる太宰府天満宮へ行って来ました。

daizaifu2.jpg

太宰府天満宮、ニの鳥居。
さすが有名天満宮、参道の両脇にはずらっとお土産屋さんなどが並んでいます。
少し早い時間だった為、行きは人が少なかったですが、帰りにはたくさんの観光客で賑わって活気がありました。


dazaifu3.jpg

境内にある御神牛。
天神様と言えばこれですね。
この御神牛の頭を撫でると頭が良くなると言われ、ちょうど頭の部分が沢山の人に撫でられてテカテカしています。

太宰府に左遷されそのまま亡くなってしまった菅原道真。
亡骸を牛車でお寺へ運ぶ際、寺の門前で牛が歩くのを止めて動かなくなってしまいました。
それが道真公の遺志だということで、この寺の境内に廟を作らせました。
その頃都では疫病や天変地異が多発し、これを道真公の祟りだと考えた朝廷はこの墓所の上に社殿を築き、道真公を天満天神として祀りました。
これが天満宮の起こりとされています。

朝廷内で陥れられ左遷にされ、亡くなった後は祟り神となった道真公ですが、現代では道真公が学問や詩歌に優れていた事から学問の神様として信仰を集めています。

天満宮の起こりに深く関わるということで、天満宮には牛の像が奉納される事が多いです。
太宰府天満宮の境内にも、数多くの牛の像がありますよ。


dazaifu1.jpg

こちらは五の鳥居。
奥に見えるのが楼門。
ここへ来るまでに心字池にかかる三つの橋を渡ったりと、太宰府天満宮の境内はとても広いです。
さすがだなぁ。


dazaifu6.jpg

楼門前の狛犬。
足腰がしっかりした狛犬ですね。
小顔です。


dazaifu5.jpg

手水舎の近くにある麒麟像。
麒麟の像があるのって珍しいですよね。
普通の馬くらいの大きさがあり、迫力です。
かっこいいわー。

麒麟は、王が仁のある政治を行う時に現れるとされる伝説上の神聖な生き物です。
「仁」とは他人に対する親愛の情や優しさを表します。
道真公の、その政治的姿勢に重ねられ嘉永5年(1852)年に奉納されたそうです。


dazaifu4.jpg

麒麟のそばにある鷽(うそ)の像。
麒麟とは打って変わってとってもチャーミングな造形です。
画像右側の銅製の鷽は、麒麟の像と共に奉納されたものだそうです。
1852年は江戸時代ですが、このデフォルメされた造形が非常に可愛らしく、そんな昔に作られたものに思えませんね。

この鷽という鳥は天神さまの守り鳥。
太宰府天満宮では、年に一度、鷽替え神事という神事が行われます。
「替えましょ替えましょ」と言いながら、木彫りの鷽を周りの人と交換します。
鷽が嘘に通じる事から、前年についた嘘や罪穢れを本年は吉と変え幸せを運んでくれると信じられています。


dazaifu7.jpg

そして本殿。
築400年以上のこの本殿、国の重要文化財に指定されています。
華やかな桃山時代の建築を今に伝えます。

本殿の手前脇にある小さな木は、ご神木の「飛梅」です。
道真公が都を発つ時、庭の梅に別れを惜しみ

東風(こち)吹かば
にほひおこせよ梅の花
あるじなしとて春な忘れそ


と詠んだそうです。
この梅が道真公の後を追い、一夜の内に太宰府まで飛来した伝えられています。
ロマンチックで雅やかな、なんとも切ない話ですね。

この事から、天満宮の神紋には梅が使われています。


お参りを終え、広い境内を散策した帰りには、参道にある和菓子店で鷽にちなんだ「うその餅」というお菓子を買って帰りました。
しその香りのする薄緑色のそぼろをまぶしたぎゅうひ餅です。
太宰府天満宮の有名な名物は、餡子を薄い餅でくるみ焼いた梅ヶ枝餅で、参道でもこれを焼いて売っている店がいくつもあるのですが、味の想像が付くなーと思ってうその餅にしました。
見た目にも綺麗な色なので、お土産にも良いと思います。


太宰府天満宮(公式HP)

【この近くで格安の宿を探す】 → 福岡福岡市内(博多・天神)・前原・太宰府

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

«前ページ  | ホーム |  次ページ»

格安の宿web

テーマ別に宿を検索

旅行お役立ちサイト

地方・県別 記事一覧

カテゴリー

最新UP記事をチェック



MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372



【バッグインバッグ】アップルグリーン ちょっとした外出や旅行、毎日カバンを変える方に便利!



日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。