スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手サファリパーク (岩手県 東磐井郡)

岩手サファリパーク (岩手県 東磐井郡)
【この近くで格安の宿を探す】 → 岩手一関・平泉・厳美渓・水沢江刺


岩手サファリパークへ行ってきました。

iwatesafari1.jpg

天気は曇天。
入口に着いて、思いのほか簡素な感じにちょっとビックリ。

マイカーでも周れたみたいですが、震災以降サファリゾーンはバスでの入場しか出来なくなったそうです。

料金は一人2500円+バス代500円。
そして動物にあげるエサが一袋1000円です。

料金を払って、エサを一袋買ったら、おまけでもう一袋くれました。
人が少ないからでしょうか?

iwatesafari6.jpg

エサの内容はこんな感じ。
ビスケット食べさせていいのかな…?

バスは決まった時間に発車しています。
入場すると、バスの時間ギリギリだったので、急いで乗り込みます。

iwatesafari99.jpg

カラーリングこそサファリ仕様ですが、いたって普通のバスです。
街中を走っている路線バスそのもの。
中もそのまま。

バスには私たちの他に、カップルが一組いるだけ。
少ない!
計4人+運転手さんを乗せて出発!

iwatesafari2.jpg

バスが来るとエサを貰えるのが分かっているので、動物が群がってきます。

iwatesafari3.jpg

シマウマもずっとついてきてました。

エサをあげる人が4人しかいないせいか、勢いがすごいです。
最初にエサをやり過ぎると、後半あげるエサが無くなってしまうので注意です。

人が少なかったので、バスの右側左側と、動物が見やすい方、エサをあげやすい方へその都度移動する事ができました。

iwatesafari5.jpg

エサを求めてバスを追うバイソン。

運転手のおじさんが、バイソンに触ってもいいですよ、と言ったので、エサをあげながらバイソンにタッチ!
頭がフワフワ~。
個人的にバイソン好きなので、テンション上がります!

エサをあげれられる草食動物は触ってもOKみたいです。

ちなみにこのバスの運転手さん、結構な岩手弁です。
なまってますからね~という事を最初にお断りされます。
この運転手さんが動物たちの色々な説明をしてくれるのですが、それも全部なまっててほのぼのしますよ。
バスの古い雰囲気もあって、富士サファリパークなどには無いようなアットホーム感です。

さてバスは窓を閉めてライオンゾーンへ。

iwatesafari7.jpg

オスのライオンばかり何頭かいました。
みんなダラーっとしています。

運転手さんの話によると、ここへマイカーで入れた頃は、タイヤをパンクさせられた人や、バンパーを取られた人などもいるそうです。
車に傷がつく事もよくある事だったそうですが、ここでどんな被害を負ってもサファリパーク的には知りませんよ!というスタンスだったそうです。
なかなか凄いですよね、それ。

富士サファリパークには何回かマイカーで入った事があるのですが、あそこではそんな心配した事無かった!

ライオンゾーンを淡々と通り過ぎ、また草食動物ゾーンへ。

iwatesafari4.jpg

キリンにエサやり!

唾液がものすっごい粘っこいです!!!
エサをあげた時にどうしても手について、手からみょーーーんと伸びる唾液!

ラクダもすごかった…(唾液)。
だいたいの動物が唾液たっぷりですが、この2つが一番凄かったかな(唾液)?

それを見越して運転手のおじさんが、ウェットティッシュを持って来てくれます。
なので、わりとすぐ拭けるので安心です。

そんな感じで園内をぐるっと周り、サファリは終了!
他にもトラやチーターといった肉食動物や、いろんな草食動物がいましたよ。

サファリゾーンの外には、ウサギやモルモットが触れる所があったので、そこを覗いたり、シカやヤクの赤ちゃんが見れたので見たりしてきました。

係りの人が「3日前からゾウがいるよ。見てみてね。いずれ乗れるようにするんだよ。」と言っていたので、ゾウを見に。

iwatesafari9.jpg

普通に柵が開いてて、その向こうにゾウが。
外国人のゾウ使いの人が乗っていました。
ラオスの人かな?

柵が開いててゾウまでなんの障害もなく、どこまで近づいていいのか分からない(汗)。
タイとかに行くとこういう状況を見かけたりしますが、日本でこのユルさはちょっと珍しい気が…。
ゾウ使いの人も日本語が通じない感じで、仕方無いのでお互い目が合う度に何度も会釈。

ゾウは水をゴクゴク飲んでました。

帰ってからホームページを確認すると、一組2000円でゾウに乗れるみたいです。
他でゾウに乗った事がありますが、結構ゆっさゆっさと揺れて面白いですよ。


サファリパークの向かいにモンキーセンターというのがあり、サルのショーやフラミンゴのショーが見れるみたいですが、サファリパークとは別料金です。
私は寄らずに帰っちゃいました。

ちなみにそちらは入場料、大人1000円ですよ。


岩手サファリパーク(公式HP)

【この近くで格安の宿を探す】 → 岩手一関・平泉・厳美渓・水沢江刺
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

旭山動物園 (北海道 旭川市)

旭山動物園 (北海道 旭川市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 北海道旭川・富良野・層雲峡・士別


観光スポットのたくさんある北海道の中でも、人気の旭山動物園。
念願叶って行く事ができました!

平日の昼間だったのですが、人多いです!さすが!
動物園の無料駐車場は合計900台強あります。
近隣には民間の有料駐車場がその台数を何倍も上回るほどあるので、ハイシーズンの休日などはとんでもない人出になるのでは??

私たちは動物園の奥側、東門入口付近に無料駐車場の一番大きなところがあるので、そこに停めました。
途中には「ぺんぎん館、ほっきょくぐま館に一番近い!西門駐車場!」など、有料駐車場の立て看板が並んでいました。
西門のそばには有料駐車場しかないようです。

asahiyama1.jpg

東門から園内に入ったところ。
(帰りの閉園ギリギリに写真を撮ったため、人が全然写っていません。)
ずーっと遠くまで見えて眺めが良いです。
が!階段がずっと続いていますね…。
スロープの回り道はついていますが…。

スロープのところに小さな飼育小屋があって、小動物が展示されています。
お年寄りや小さいお子様など、あまり歩きたくない人はここは飛ばすことにして、正門、西門から入るのがいいかもです。

asahiyama4.jpg

園内は本当に動物がよく見える展示方法の獣舎ばかりで、とにかくどの動物も見ていて楽しいです。

asahiyama5.jpg

くもざる館やオランウータンのところなど、動物が檻の外へ出れるような作りの物が多いです。
画像はオランウータンのところで、高さ17mの鉄塔の上をオランウータンが移動したりして、面白いです。
その下は普通に人が通れますよ。

asahiyama63.jpg

獣舎の中も趣向が凝らされていて、本当に見やすい!!
オランウータン獣舎内では、オランウータンが生き生きと動いていました。

asahiyama7.jpg

人の頭上の金網部分を悠々と歩くユキヒョウ。
とにかく動物との距離が近い気がします。

asahiyama8.jpg

座ったユキヒョウの足!
可愛い肉球!

asahiyama9.jpg

オオカミの群れ。

asahiyama93.jpg

人にいる所へ半円形に飛び出したドーム部分にやってきたチンパンジー。

asahiyama91.jpg

ペンギンの泳ぐトンネル。

asahiyama92.jpg

定番のアザラシが通る円筒の水槽。

他にも旭山と言えば…な、ホッキョクグマの獣舎や、ライオンなどのもうじゅう館などなど、本当に見やすくて面白い!

他の動物園ではあんまり脚光を浴びないような動物も、展示方法ひとつでこんなに見ごたえが変わるんだ!と新鮮に思う事ばかりです。

最近の動物園は、大抵新しい獣舎を作る時や改修する時には、この旭山タイプの展示方法を選択する所が多いですよね。
とりあえず珍しい動物を展示する、そんな昔ながらの展示方法から、旭山のような行動展示へ。
動物もより自然に近い形でいられるし、見る側も生き生きとした動物が見られて楽しいし、動物園側も集客数が増えて嬉しい、皆に嬉しいそんな良い形だと思います。
獣舎の改修には、かなりな経費はかかりますが…。

どこの土地へ行っても大小に関わらず必ず動物園に行ってしまう…そんな感じで、私は結構たくさんの動物園を見ている方かな?と思います。
旭山は、今まで見てきた動物園の中でも群を抜いている気がします。

そんなに広い園内でも無いのですが、どの展示もじっくり見てしまうために時間が全然足りませんでした!
また、再訪したいと思わせられる動物園です。

旭山動物園(公式HP)

【この近くで格安の宿を探す】 → 北海道旭川・富良野・層雲峡・士別


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド (岡山県 倉敷市)

ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド (岡山県 倉敷市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 岡山倉敷・総社・玉野・笠岡

washuzan.jpg
瀬戸大橋を望む鷲羽山にある遊園地、ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド。
規模はそこまで大きく無く、アトラクションの数も少ないのですが、数年前にここのスカイサイクルという乗り物を知った時から、乗ってみたい!と思っていたので足を運びました。

フリーパスポートは大人2500円、小学生2000円、幼児1500円、50歳以上1500円。
入場料だけの券はありません。
入園したら全員が乗り放題!という簡単システム。
高速道路のPA・SAにちょうど割引券のついたチラシがあったので、500円割引で入れました。

お目当てのスカイサイクルは、自転車状の乗り物を漕いで軌道上を一周するという、ちょっと規模が小さめの遊園地ならどこにでもありそうなアトラクション。
しかし、ここは瀬戸内海を望む山の上、さらに作られた軌道が地上高16mというビル4階建てに匹敵する高さにある為、体感の高さはかなりのもの。
さらには普通の自転車のサドルという小さめの座席(?)に、ゆるゆるの安全ベルト…これらが相まって倍増するスリル。

skycycle1.jpg
ぐるっと大きく回るコーナーは2箇所だけ。
上の画像が第一コーナー。
下に茂った木のお陰でまだまだ怖くありません。
しかしちょっとスピードを上げて漕ぐと、外側に乗ってる人は遠心力がかかって恐怖です。

skycycle2.jpg
最終の第二コーナー。
目の前には瀬戸大橋、まるで空に突き出ていくように大きく弧を描く軌道。
ここが一番の恐怖ポイント。

内側の人よりも外側の人の方が怖いです。
私は内側に乗ったのですが、外側に乗った人が怖がって全然漕がないので、私が必死で漕ぎました!
体格の大きい人の方が、自転車の規格が小さめの為に体に合わなくって怖いみたいです。

画像でも分かるように、基本ここのアトラクションはサビサビです。
ジェットコースターもサビサビ、乗りながらチェーンを見てみてもサビサビ…。
壊れないかと不安が募ってスリリングです…。
なにかスリルの方向が間違っている気もしますが。
心配性の人は乗れませんね(汗)

そんなサビサビな事からも簡単に想像がつくと思うのですが、入園者はかなり少ない方だと思います。
3連休中に訪れたのですが、どのアトラクションも待ち時間が無いし、乗っても座席は満席にならないぐらい。
係員一人で二つのアトラクションの運転を兼任しているくらいです。

山の斜面を利用して作られている為、園内には長ーい階段がたくさん!
もうそれだけで疲れてしまいます。
ベビーカーとかは無理でしょうね…確かにお子さんの数も少ない気がしました。

washuzanbanji.jpg
園内にはバンジージャンプもありますが、こちらは別料金。
何人かの人がチャレンジしていましたが、飛ぶ寸前になってやっぱり飛べなくて止める人も…。
確かに怖いんだろうなぁ…。


バンジージャンプの近くにある、ターボドロップという乗り物も怖かったです。
一番最初の画像の右端に映っている、高い塔みたいなやつです。
あれの一番上まで座席が登っていって、一気に垂直落下するアトラクションなのですが、落下よりも登っていく時が怖かった!
なにせ山の上、海抜200mという高さまで登っていくと「え!?高すぎ!!」と動揺します。
平地にある遊園地でこのタイプのアトラクションに乗るのとは、全然怖さが違いますよ!
乗っている女の子が「早く降ろしてーー!」と叫んでいました。

washuzankan.jpg
これは観覧車からの眺め。
左にターボドロップの塔が写っています。
ターボドロップもこれに似たような高さから落ちるんですから!
落下時に体が浮くと、そのまま飛んでいっちゃうような気になりますよ。

ところでこの遊園地、ブラジリアンパークといって、ブラジル色を前面に押出しています。
なんでブラジルなんでしょう?
ステージでは、ブラジルの人がサンバのリズムで踊っているのですが、なにせ人がいない!
陽気なリズムが余計に際立たせる寂れ感。
むなしく響くマスコットキャラや司会のお姉さんの声…。

アトラクションの身長制限のパネルには、派手な衣装に身を包んだ満面の笑みのブラジル男性が。
公式HPのアトラクション説明には、各アトラクションに乗るブラジルの方々の画像が。
なんだか不思議な空間です。

ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド(公式HP)

↓併せて訪れたい観光地情報・ご当地グルメの記事はコチラ↓
【岡山県 倉敷市】 江戸時代に栄えた商人の町の美しい町並み 倉敷美観地区
【岡山県 岡山市】 比翼入母屋造の国宝本殿と長い回廊 吉備津神社
【岡山県 岡山市】 日本三大名園のひとつ 後楽園
【岡山県 岡山市】 後楽園の隣に建つ、黒壁が凛々しい烏城 岡山城
【岡山県 岡山市】 岡山の不思議なご当地グルメ えびめし
【岡山県 備前市】 注目の岡山B級グルメ、牡蠣がゴロゴロ カキオコ


【この近くで格安の宿を探す】 → 岡山倉敷・総社・玉野・笠岡

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

«前ページ  | ホーム |  次ページ»

格安の宿web

テーマ別に宿を検索

旅行お役立ちサイト

地方・県別 記事一覧

カテゴリー

最新UP記事をチェック



MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372



【バッグインバッグ】アップルグリーン ちょっとした外出や旅行、毎日カバンを変える方に便利!



日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。