スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石見銀山 世界遺産 (島根県 大田市)

石見銀山  (島根県 大田市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 島根大田・江津・浜田・益田・津和野

石見銀山は2007年にユネスコの世界遺産に登録された、日本を代表する鉱山遺跡です。
京都や姫路城などの文化遺産とは異なる「産業遺産」というカテゴリーに登録されています。
産業遺産とは、地域に根付いた産業を今の時代に伝える遺跡や遺物の事で、ユネスコでは、「産業」という形で世界中に存在する概念や文化を評価し、世界遺産への登録をしているそうです。

石見銀山は、かつて世界に流通していた銀の約3分の1という量を産出し、世界にその名が知られていた事と、自然に負担を掛けない、環境を大切にした銀の生産方式が反響を呼び世界遺産に登録されました。
というわけで、自然を大切にして銀の採掘が行われた石見銀山は、山の中自然に囲まれてひっそりと今にその姿を伝えています。

石見銀山世界遺産センターに車を置き、そこからはバスで主要スポットの集まるところまで行きます。
一応そちらにも駐車場はあるのですが、あまり大きくはないので、休日になると一杯になってしまう事が多いようです。

主要スポットは約3kmほど。
昔の町並みが続く町並み地区と、銀山地区に分かれています。
この日はとても暑い日だったので、体力温存の為レンタサイクルを借りて周りました。
ちなみに山なだけあって、道はずっと続く緩やかな上り坂。
普通の自転車だとよけいにバテそうなので、電動自転車を借りました。

iwamimiti.jpg
銀山地区に近づくと、↑こんな感じの緑いっぱいの道になって、すがすがしいです。

一番奥にたどり着くと、実際に銀の採掘をしていた龍源寺間歩(まぶ)に到着します。
mabu1.jpg
入り口の前に立つと、クーラーを最強にした位の冷たい空気が漂ってきてとっても気持ちがいい!

中はノミの跡の残る高さ170~180cmくらいの坑道で、ところどころ這って入らなければならないような細い横道があったりします。
暗くて寒いくらいの坑道には湧き出た水が滴って、当時の銀の採掘作業は過酷で大変なものだったんだろうなぁと容易に想像がつきました。
一般に公開されているのはこの龍源寺間歩と大久保間歩がありますが、大久保間歩はツアーへ参加しないと入ることができません。
石見銀山をうろうろしていると、上記2つの間歩以外にもいくつもの間歩を見かけます。

mabu2.jpg
これは入り口が随分小さい間歩。

龍源寺間歩の近くに、鉱夫たちから「山神さん」と呼ばれた鉱山の守り神である佐毘売山(さひめやま)神社があります。
sahimeyamajinja.jpg
長い石段が美しい神社です。

saguneyamaisidan.jpg
ところどころ傾いたり苔が生えたりしていて、年月を経た深い味わいがあります。
神聖な場所に相応しい石段に感動しました。

iwamikomainu.jpg
丸い鼻で愛嬌のある狛犬です。

sahimeyamakame.jpg
境内では亀の口か冷たい水がら滔々と流れ出ていました。
人もあまり上がって来ず、とても静かで落ち着いた雰囲気にすっかり癒され、本堂の写真を撮るのを忘れてしまいました…。

次に銀山地区と町並み地区の境にある、羅漢寺へ。
rakan1.jpg
ここの五百羅漢は、銀山で亡くなった人や祖先の供養の為に、25年かけて作られたそうです。

rakan3.jpg
3つの石窟の中に約500体の羅漢像が安置されています。
みんなそれぞれ違う顔、違うポーズをとっていて、まるで数人で楽しく談笑しているかのように見えるものもあり見ごたえがあります。

羅漢寺から下っていく方は、古い町並みの続く大森地区です。
iwamimatinami.jpg

iwamineko.jpg
猫ものんびり眠るのんびりとした雰囲気の町並みです。
普通のお宅に交ざって、お土産を売る店や、食べ物屋さんなどが点在しています。
焼きたてパンを売る中村製パンが人気で、私も一つ買って食べたら美味しかったです。
もちもちしてました。

町並み地区をウロウロとさまよって行くと、一番端に城上神社があります。
kigamijinnja.jpg
境内に入ろうとしたところ、地元のおじいちゃんに「しっかり龍を鳴かせてくださいね。」と声を掛けられました。
そう、ここの神社には龍がいるのです。

nakiryu.jpg
天井に色鮮やかに描かれた龍。
この龍はいわゆる「鳴き竜」なんです。
この龍の下で手を叩くと、音が共鳴して龍が鳴いているような音が聞こえてくる事から「鳴き竜」と呼ばれています。
鳴き龍は日光東照宮の薬師堂が有名ですね。

龍の下で手を叩いてみると、ビィーンという感じで不思議な音が反響して聞こえます。
叩く場所を変えたり、叩き方を変えるだけでも音が少し変わるのが面白く、ほかに人がいない事をいい事になんども手を叩いてしまいました。
実は自分の家でも、ある一定の場所で手を叩くとこれに近い音が聞こえるので、気付かないだけでよくある事なのかもしれませんが、やっぱり場所が違うと感動が違いますね。


世界遺産のほかの文化遺産のように、分かりやすい見所!となると、実際に銀の採掘をしていた「間歩(まぶ)」と呼ばれる坑道跡になるのだと思うのですが、石見銀山は「観る」よりも「感じる」場所だと思いました。
ゆっくりかみ締めるように坑道や町並みや自然を見て周って、昔の時代に心を馳せながら当時の様子を感じる、味わい深い世界遺産です。

石見銀山に行く前には、アクセスやバスの事はもちろん、どんな遺跡・史跡があるのか事前の下調べをおすすめします。
しっかり下調べをする事で、より楽しめると思いますよ。

世界遺産 石見銀山遺跡(大田市教育委員会石見銀山課による公式HP)

石見銀山徹底ガイド(島根県観光連盟による『しまね観光ナビ』内)

【この近くで格安の宿を探す】 → 島根大田・江津・浜田・益田・津和野

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

«前ページ  | ホーム |  次ページ»

格安の宿web

テーマ別に宿を検索

旅行お役立ちサイト

地方・県別 記事一覧

カテゴリー

最新UP記事をチェック



MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372



【バッグインバッグ】アップルグリーン ちょっとした外出や旅行、毎日カバンを変える方に便利!



日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。