スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末吉宮(末吉公園内) (沖縄県 那覇市)

末吉宮(末吉公園内) (沖縄県 那覇市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 沖縄那覇


国際通りから少し外れた所にあるお店で晩御飯を食べた時に知り合った、沖縄によくやって来るという沖縄マニアの人に教えられて、次の日早速訪れた末吉公園。

那覇市内とは思えないよ、と言われて来てみれば…

yueyosikouen.jpg
岩と木々の間を水がどうどうと流れてゆく、人気のない場所でした。
夏には蛍も飛び交うというこの公園、かなり「自然」です。

末吉公園へは、ゆいレール市立病院前駅から向かうのが主流のようですが、教えてくれた人いわく、儀保駅からの方がいきなりジャングルだし末吉宮も近いよ、とのことで首里駅のお隣、儀保駅方面から入って行きました。

この日はお正月の3日で、雨がパラつく日だった為か、園内には人の姿がありません。
…覆い茂る木々も若干怖い…。

公園のメインゾーンをどんどん逸れて、末吉宮を目指し歩いてゆくと、道は途中で山道に…。
道の事なども教えて貰っていたからいいですが、予備知識なしだったら「こんな所に神社があるの!?」と不安になる事請け合いです。

山道の途中に「末吉宮跡」の石碑があり、その道を入って行きます。
「やった!もう近いぞ!」と思うと、行く手を阻むのは琉球石灰岩の道…。
かなり急な坂道に琉球石灰岩が敷かれている上に、この日は雨…。
ハンパ無く滑ります!!!
亀のような歩みでじりじりと登ります。

そしてやっと着いた!

sueyosigu2.jpg
おおぉ~!かなりの良い雰囲気です!!
不思議な造りですね。
本殿と祭場は別々の岩盤の上にあり、それを結ぶ階段の下がアーチ状のトンネルとなっています。

末吉宮は、波上、沖、安里八幡、識名、普天間、金武、天久とともに琉球八社のひとつにあげれています。
琉球八社とは、琉球の王宮から特別の扱いを受けていた八つの神社です。
さらに、近くにある遍照寺の鎮守でもあるそうです。
神仏習合の名残りを感じますね。

お祀りしているのは、熊野権現です。

右手にある石段を登り、祭場へ出ます。
ちなみにこの石段と、祭場から石橋上の拝殿、拝殿から本殿までの間の石段は、末吉宮磴道(とうぐう)というそうです。

sueyoshigu.jpg
高床式になった社殿が独特です。
本殿はその裏、また別の岩盤の上にあるみたいです。
手すりもなく上へと登る階段は、神聖な感じがしますね。
神様の世界です。

sueyoshigusita.jpg
お参りの後、石段を降りて下のトンネルをくぐってあちら側へ…

sueyoshiguiwa.jpg
そこはなんとも厳かな場所でした。
たぶん御獄だと思うのですが、自然の隙間から神秘的なものがこぼれ落ちている様な気がしました。
大きな岩に伝う木の根、草の葉…一体ここはどこなんででしょう?

sueyosikaidan.jpg
奥に岩に添うような小さく急な階段があったので登ってみました。

sueyosiguura.jpg
振り返ると木々に埋もれる末吉宮の屋根が。
なんだかあの世みたいな感じがします。

そのまま進むと、道は二股に分かれ、一つは森の中、ひとつはすぐ住宅街に延びていました。
え!あんなに山の中だったのに、いきなりこんなに近くに住宅街が!?
とびっくりしました。
この世とあの世は隣り合わせ、そんな不思議な気持ちになります。

まだお正月の三が日、初詣シーズン真っ只中だというのに、訪れる人は私たちの他に、地元の子どもたちを連れた一団一組のみでした。(公園内でも人に会っていないので、本当にこの一組だけ!)
表の参道にもあの世みたいな裏の参道にも、臨時っぽい懐かしい感じの裸電球がぶら下がっていたので、たぶん初詣仕様なんだとは思いますが…。
夜とかは怖そうですね…足元も危ないし。

社務所には波上宮から神主さんが出張してきていました。
ほかに若い神主さんと、なぜか警備員の人と3人でお茶を飲みながら正月特番の番組をのんびりと見ていて、「あ、そういえばお正月だった!」と再確認。
ちなみに、売っていたお守りは波上宮のものでした。

帰りにまたあの石灰岩の坂道を通ったのですが、登りより危ない!!
横向きになってカニのように下りました。

その後行きと道を変えてみたら、今にも倒れそうに傾いた石灰岩の塀がある道に出ました。
危ないわー、廃屋?と見てみると、長らく人が訪れていなさそうなお墓。
ちょっとびびりながらも進むと、普通に人が来ていそうなお墓地帯になりました。
どうも墓地に出てきたようで、沖縄特有の大きなお墓が並んでいました。
お墓参り大変そうな場所ですねぇ。
しかし、シークヮーサーの実がなって、高台で眺めも良くって入る方にとってはいいかも…?

最終的に随分と細ーい坂道を下って、住宅街に出てそこから大きな通りへ出れました。
帰りのゆいレールから、末吉宮の赤い屋根が山の中にぽつんとあるのが見えました。
あんなに近くに見えるのに、まるで別世界だったなぁ、と感慨深かったです。

【この近くで格安の宿を探す】 → 沖縄那覇


↓併せて訪れたい観光地情報はコチラ↓
【沖縄県 那覇市】 琉球王国、その栄華を垣間見る 首里城
【沖縄県 那覇市】 お城?砦?いいえお墓です。世界遺産の琉球王家の墓 玉陵
【沖縄県 那覇市】 琉球王国時代の雰囲気を味わえる 金城町の石畳道

テーマ:沖縄 - ジャンル:旅行

«前ページ  | ホーム |  次ページ»

格安の宿web

テーマ別に宿を検索

旅行お役立ちサイト

地方・県別 記事一覧

カテゴリー

最新UP記事をチェック



MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372



【バッグインバッグ】アップルグリーン ちょっとした外出や旅行、毎日カバンを変える方に便利!



日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。