スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜島 (鹿児島県 鹿児島市)

桜島 (鹿児島県 鹿児島市)
【この近くで格安の宿を探す】 → 熊本鹿児島市内(鹿児島・桜島)

現在も噴火を続ける活火山、桜島。
海の上で噴煙を上げる桜島の様子は、誰でも一度は何かで見たことがあるくらい有名ですね。

桜島へは、鹿児島市街からフェリーで渡る事も出来ますが、今回は陸続きになっている大隅半島側から車で行きました。

sakuramichinoeki.jpg
桜島の手前にある道の駅『たるみず』から見える桜島。
海も綺麗で素晴らしい眺めです。

この道の駅には、天然ラドン温泉があり入浴する事ができます。
外には長ーい足湯もありました。
桜島を眺めながら、足湯に浸かる…気持ちいいですよ。

sakurajimahashi.jpg
続いて、橋を渡って桜島へ。
橋を渡っている時に、新しい噴煙が上がりました!
すごい!ホントに活火山なんだなぁ!と興奮。

島内は流れ出た溶岩によって、ゴツゴツした岩場が続きます。
群馬県にある鬼押出しみたいな感じです。(鬼押出しの記事はコチラ

しかし、結構たくさん家が建っている事に驚きました。
桜島には、約6000人の人が生活しているそうです。
活火山と共に暮らすって、どういう感じなんでしょう。

sakurajimafunka1.jpg
桜島を西側まで周った所にある展望台からの眺め。
鹿児島市街を臨む西側から見ると、火山活動を続ける南岳が峰の向こうに隠れているので、やや迫力に欠けます。

そうこうしている内に、また新しい噴煙が上がりました。

sakurajimafunka2.jpg
煙がどんどん出てきます。

sakurajimakemuri1.jpg
桜島の南側にある展望所。
先程上がった新しい噴煙が風に流されています。


sakurajimakemuri2.jpg
風に乗った噴煙は、大隈半島の方へ。
風下にある町の人も大変そうです。

この日は風が強かったので、風に飛ばされた灰が目の中に何回も入って痛かったです。

sakurajimahai.jpg
地面には黒い火山灰が積もっています。
触ってみると、灰というより目の粗い砂といった感じ。
こんなのがじゃんじゃん降ってくるのは大変な事です。
桜島では、火山灰に覆われて汚れた車が道端に停まっていたりしましたが、どれくらい置いておくとあれ位汚れてしまうんでしょうか。
お墓にも灰避けの為か、みんな屋根がありました。

きっと火山灰に対する色々な知恵があるんだろうなぁ。

sakurajimatorii1.jpg
島の東側にある埋没鳥居。

大正3年の大噴火で埋没してしまった、3メートルの鳥居です。

流れ出した溶岩は大隈半島にまで流れ、桜島と大隈半島が陸続きになるほどの大噴火だったそうです。
噴火の前には、井戸の水が熱湯になったり、海に沢山の魚の死骸が浮いたり、地震が群発したりしたそうです。

sakurajimatorii2.jpg
普段、鳥居を見下ろす事なんて無いので不思議な感じがしました。

sakurajimaakou.jpg
埋没鳥居の横に生えていた大きなアコウの木。
普通に地上に生えているので、この鳥居が埋まった後に大きく育ったのでしょうか。

埋まってしまった鳥居と、この大きなアコウの木に、自然の持つ奪う力の強さと、育む力の強さを感じました。

鹿児島市 桜島(鹿児島市ホームページ内)
今日の桜島(ライブカメラで桜島の現在の様子を見ることができます。)


【この近くで格安の宿を探す】 → 熊本鹿児島市内(鹿児島・桜島)

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

«前ページ  | ホーム |  次ページ»

格安の宿web

テーマ別に宿を検索

旅行お役立ちサイト

地方・県別 記事一覧

カテゴリー

最新UP記事をチェック



MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372



【バッグインバッグ】アップルグリーン ちょっとした外出や旅行、毎日カバンを変える方に便利!



日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。